歯科ドック

歯科ドックとは?


歯科ドックとは人間ドックの目的と同様です。総合的なお口の健康診断に基づいて問題があれば、口腔健康管理の見直し、

口腔内の問題の早期発見、早期治療を行う事で治療のタイミングを逸する事なく早期に治療を行う事であります。

歯科ドックメニュー


レントゲン検査

デジタルX線画像解析システムをを使用し、正確な診断を行います。

従来のタイプのレントゲン撮影に比べて、人体が受ける放射線量が最大で10分の1も少なくなります。 フィルムと違い、拡大や画像解析がモニター上で容易に行えます。

唾液リスク検査

唾液にはお口を守る様々な力があります。

その唾液も、一人ひとりによって量や力の強さが異なり、それらを正確に把握する為に唾液検査(サリバテスト) を行います。


SMT検査

洗口した液から「歯の健康」「歯ぐきの健康」「口腔清潔度」に関する6項目の内容を検査し、 それぞれのリスクを数値化して知ることができます。

口臭検査

臭いの原因・臭いの程度を知ることができます。

口臭の原因を調べることによって、適切な対処方法を知ることができます。

 


咀嚼力検査

噛む力が弱いと歯周病や虫歯が進行している可能性があります。

更に、エイジングによる口腔フレイル(噛む力、飲み込む力の虚弱)の予防に役立ちます。

MI検査

MIとはMinimal Interventionの略で「最小限の侵襲」という意味です。

MI治療とは、基本的にむし歯の部分だけを除去し、不必要に歯を削らないように配慮した治療を行います。


光学式う蝕検出装置

レーザーにより虫歯の大きさを数値化できます。

経時的に数値で管理していくことで「見つけてすぐに削る治療」から 「進行状況に合わせて適切な管理をする治療」にすることが出来ます。

バイオフィルム量検査

20秒洗口し、そのあと吐き出すと汚れが浮き上がります。

口腔内細菌やバイオフィルム(プラーク)が目に見えて分かります。

※洗口液『ナチュラフレッシュプロ』使用


細菌量検査

口腔内細菌が歯周病や虫歯を引き起こし、歯を失う原因となっています。

細菌の量と種類から歯周病治療・予防の方針・方法を決定します。

腸内細菌検査

臭いが発生する原因は口内環境によるものと、体質によるものに分けられます。口内環境では、歯周病、歯垢(プラーク)、バイオフィルム、舌苔などが口臭の原因になります。 体質では腸内細菌の腐敗臭などが原因です。


ドライマウス検査

ドライマウスはさまざまな原因で唾液の分泌量が低下し、口の中が乾燥する病気です。唾液の分泌が低下したことで虫歯や歯周病、口臭の原因を作ることになります。

唾液癌検査

採血と違い、痛みを伴いません(わずかな唾液採取のみ)

唾液内の成分から現在癌の疑いがあるかどうかを調べることができます。


舌圧測定

舌の運動機能を測定します。測定値は飲み込みの機能や、発音に関する

口腔機能検査のスクリーニング(選考)の指標となります。